化粧品輸入

化粧品(けしょうひん、Cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。

日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、薬事法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがある。

輸入(ゆにゅう)とは外国から資源やサービスなどの財を購入することを言う。対義語は輸出。資源の有無、生産性の高低にかかわらず一般的には輸出入に制限を設けない方が国際分業が進み、どの国家にとっても利益が最大になる。しかしながら国内産業の保護育成や外国への依存度が高すぎると国際情勢が悪化した場合に多大な不利益を被る可能性があることなどを理由として、なんらかの制限を課すのが通常である。

日本では、関税法第2条第1項第1号が「外国から本邦に到着した貨物(外国の船舶により公海で採捕された水産物を含む。)又は輸出の許可を受けた貨物を本邦に(保税地域を経由するものについては、保税地域を経て本邦に)引き取ることをいう」と定義する。


化粧品輸入クラブ
化粧品輸入をしよう
化粧品輸入で行こう
化粧品輸入日記
化粧品輸入ブログ
化粧品輸入ダイアリ―
化粧品輸入ぶろぐ
化粧品輸入オンライン
化粧品輸入ガイド
化粧品輸入ナビ
化粧品輸入ねっと
化粧品輸入情報局
化粧品輸入ランド
化粧品輸入ワールド
化粧品輸入の友
化粧品輸入メモ
化粧品輸入でGO
化粧品輸入ノート
化粧品輸入通信
化粧品輸入で成功
化粧品輸入ちゃんねる