中小企業診断士・最短合格の受験術

中小企業診断士試験運営管理は「経営コンサルタントの知識」



「運営管理」は試験の傾向で言えば、
最も難易度が上昇してきている科目といえます。
『生産管理』と『販売管理』という
全く異なる2つの知識体系からできていますが、
特に『生産管理』は難化しています。

2000年より以前の診断士制度では、
2科目だったものを1科目にまとめたものですから、
範囲は非常に広い科目です。

そして、この科目の知識体系は、
他の資格試験や学問にはない、
「経営コンサルタントに必要な独特の知識体系」となっています。

これは、中小企業庁、診断協会の意思表示とも取れます。
「『中小企業診断士』は何の資格か?」というと、
「民間経営コンサルタント」の資格です。

その原点を見つめた出題傾向ではないかと考えています。
実務を行うのに最も必要な知識を教える科目といえます。

今後も難易度の低下は考えにくい科目ではないかと思います。



Copyright 2006〜  shindan.biz   All Rights Reserved
中小企業診断士試験中小企業診断士・最短合格の受験術